request approach

20歳代の患者様の声

横浜の不妊鍼灸:20歳代の体験談・口コミ

Nさん/27歳/横浜市旭区

安定期に入るまで、また流産するのではないかと心配もしましたが、先生やスタッフの皆さんが悩みを親身になって聞いて励ましてくださり、鍼のおかげで何のトラブルもなく赤ちゃんも元気にスクスクと大きくなっています。

 

私は就職してからストレスと残業で生理不順が年々酷くなっていきました。結婚してからも治らなかったので、何かいいものがないか探している時にパクスを知りました。婦人科で検査をし、特に異常がないことが分かった矢先に妊娠しましたが、体が十分でなかったのか、残念ながら流産してしまいました。 

 

そんな時、パクスを初めて訪れました。手術後の出血が少なく体もだるかったのですが、鍼灸治療後に生理のような出血がありました。先生に聞くと、流産によって体に溜まっていた余分なものが出たとのことでした。おかげでその後も回復が早く、何と3ヵ月後にはまた妊娠することができました。 

 

安定期に入るまで、また流産するのではないかと心配もしましたが、先生やスタッフの皆さんが悩みを親身になって聞いて励ましてくださり、鍼のおかげで何のトラブルもなく赤ちゃんも元気にスクスクと大きくなっています。今は出産に向けて、教えていただいた安産のお灸を続けて出産を迎えたいと思います。

 

Mさん/29歳/横浜市西区

鍼灸を受けることで疲れが取れて体質改善できました。鍼灸治療に一歩踏み出して本当に良かったと思っています。

 

■鍼灸を受けてみようと思ったきっかけ

不妊治療のプラスαとして体質改善していきたかった、また生理不順、冷えなど体調も悪く、仕事もしていてストレスも多かったことから鍼灸を試してみたくて受診しました。

 

■鍼灸を受けてみた感想

何よりも妊娠できたことが一番です。病院での不妊治療を始めてから3年も経つのに一向に妊娠しなかったのに、鍼灸治療を始めてから約半年で妊娠できました。

   

自分でも知らず知らずの間に体質が改善されてきたのだと思います。鍼灸を受けることで疲れが取れ、リラックスでき、ホッとすることが出来ました。

 

■治療室の雰囲気

鍼灸治療を受けるのが初めてだったのに、来るだけで落ち着けました。スタッフの皆様の対応も良く話しやすい雰囲気でした。治療院の場の“気”が良いというか、流れが良いように感じました。

 

■同じような症状の方に

鍼灸治療はリラックスできるし、人にケアしてもらうことはとても心地良かったです。2人目が欲しくなったら絶対に、またパクスに通うつもりです。

   

パクスに来る前は自分も鍼は痛そうだと思っていたし、たくさん刺されて怖いとも思っていましたが、全然そんなことはないので、もし、何かの症状で困っている方がいたら、どうか、一歩踏み出して欲しいし、怖くないよと教えてあげたいです。自分は一歩踏み出して本当に良かったと思っています。

 

【MEMO】

鍼灸治療と平行して西洋医学的不妊治療(人工授精)を行い、「妊娠」に至る。妊娠後も体調管理のため鍼灸治療を継続。男児出産。

 

Tさん/29歳/埼玉県入間市

流産後、何か良い方法はないかと思い鍼灸治療を受けることに。いつも温かく真剣に話を聞いて、丁寧な治療をしてくださいます。

 

私の不妊治療との闘いは、自然妊娠をしたのもつかの間、子宮外妊娠が発覚して手術が終わってからのことでした。もともとホルモンバランスが悪く内服してたりはしましたが、これから始まる苦悩なんか知るはずもありませんでした。

 

手術後、久しぶりに病院を受診し、今後のことについて聞いてみると「子宮外妊娠は再発するから、IVF-ET(体外受精-胚移植)がいいよ」と言われました。最初は抵抗のある言葉でしたが、どうしても子どもが欲しくて挑戦することにしました。

 

そして最初のIVF-ETは流産。なんとも辛く、立ち直れないと思っていましたが、自分の病んでいく心を感じながら、でも子どもは諦められませんでした。そんな中、何か良い方法はないかとインターネットで調べていたところ偶然パクスに出逢うことが出来ました。

 

私は埼玉に住んでいるため、パクスまでは随分遠く色々考えましたが、主人の後押しもあり、鍼灸治療という未知の世界を見ることで、また前進できるんじゃないかとチャレンジすることにしました。

   

初めて治療に伺ったときは、受付の方の温かいお出迎えと、先生とお話しているうちに「苦しんでいる人はたくさんいるんだ」と改めて感じることが出来ました。鍼灸治療を終えて帰っていると、体がポカポカと温かくて、自分の体の変化を感じました。

 

それから、1週間に1度の治療を2ヶ月ほど行い、再度IVF-ETを行ったところ妊娠発覚。不安な心境の中、鍼灸をすれば元気になれる自分の体と心を実感できたからこそ、悪阻の時も片道1時間30分かけて通うことができました。そして何より、いつも真剣に話を聞いて、丁寧に治療して頂ける先生にとても感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今では順調に7ヶ月を迎え(今までのトラウマもあり、不安でたまらなくなる時もありますが・・・)、必ず鍼灸の後は落ち着くので、通える範囲で治療に行きたいと思っています。そして何より、今まで諦めずたくさんの人に支えられ頑張ってきたきたからこそ、今の自分がいるんだと思います。

 

 私のように悩んでいる方もたくさんいらっしゃると思いますが、諦めるのはいつでもできることです。けど、今できることを後悔することなくやっていくことが、未来につながっていくんじゃないかと思います。パクスのスタッフの方々を信じて頑張っていって欲しいと心から願います。

 

【MEMO】

鍼灸治療と西洋医学的治療(体外受精)を平行して行い「妊娠」に至る。「妊娠」後も体調管理のため鍼灸治療を継続。男児出産。

 

Eさん/29歳/横浜市戸塚区

鍼灸治療を通して、心と体が繋がっていることに気付きました。 私の心の中の不安に向き合う力をくれたのは鍼灸治療だと思っています。

 

いつも私と夫の治療をしていただき、おかげさまで体調はとてもよくなり、最近は治療の間隔 を空けることが出来るようになりました。

 

夫は夏休みに旅行に行き、そこでリフレッシュしたのか、ひどかったアトピーがウソのように改善しました。鍼灸治療を受け始めたからだとも思っています。本当に「心と体はつながっているんだ!!」というのを 実感する今日このごろです。

 

始めは「赤ちゃんを授かるために体調・体質改善を・・・」と思い、鍼灸治療を受けていたのですが、受けていくにしたがい、体調を崩すほどまでに何か大きな悩みを自分が持っていることに、だんだんと気がつくようになりました。(治療の時に先生から言われたこともありましたね?)

 

そういうものの存在自体は、分かっていたような気がするのですが、具体的に「何に悩んでいるのか?」は自分では分からず、もどかしいような不思議な感じをずっと感じていました。

 

鍼灸治療を受けて、不眠や寝つきの悪さ、ひどかった生理痛がどんどん解消していって、「おお~!」と思っていましたが、一番苦しかった「寝起きの悪さ」(スッキリと目覚められない)だけは、ずっと残っていて、変だな??とも思っていました。治療室のみなさんにも「顔色がよくなった」と言われるのに、それと反比例するかのように精神的に不安定な時もありました。

 

何がきかっけで気がついたのか、今では思い出せないのですが(多分鍼灸治療で、体の不調がスッキリして、心に向き合えるようになったからだと思います)、ずっと両親(特に母親)との間にわだかまりを持っていたことに気がつきました。

 

今までこのことに向かい合う力がなく、必死で見ないようにしていたような感じです。そのせいで、体まで悪くしてしまっていたようです。(私のこういう所は、先生はきっと分かるんじゃないかな?と思います)

 

このわだかまりを何とかしたいな、と思い始めて、今はカウンセリングに通っています。かなり幼少の頃から、感じていたもののようで、向き合うのはなかなか大変ですが、何とかなりそうだ、と思える所まできたようです。

 

そして、もしかすると私は今「妊娠」を望んでいないかもしれないな、というのを感じ始めました。「妊娠」を望んでいない、というよりは、まだ心の準備が整っていない、というような感じなのです。なので、母とのわだかまりがスッキリすれば、また状況は変わるかな?とも思っています。 でも、いつでもスタートを切れるように、体の準備はしておこうと思っています。

 

鍼灸治療を通して、心と体がつながっていることを、気がつかせていただいて、ありがとうございました。 そして、母とのわだかまりにも気づかせていただいて、ありがとうございました。この問題に向き合う力をくれたのは、鍼灸治療だと思っています*^^*そして、これからもどうぞよろしくお願いします。(夫も引き続きよろしくお願いします)

 

【MEMO】

西洋医学的治療(タイミング)を休止して、心身の安定を目的に鍼灸治療を受ける。女児出産。

 

Hさん/29歳/千葉市

子宮内膜症を抱えて受診。通ううちに体が楽になり通院も楽しみになりました。表現するのが難しいのですが治療後は目の前が明るくなるような感じです。

 

結婚して3年たった頃、ひどい生理痛で病院に行くと、子宮内膜症と言われました。治療法としても妊娠を勧められましたが急にできるわけもなく不安で一杯の時パクスに出会いました。

 

初診の際、「ハリは魔法ではありませので、すぐには難しいかも」と言われつつも、「体の調子が整えば病気も治るし赤ちゃんも来てくれますよ」という先生の言葉でホッと心が楽になりました。

 

始めは効果も?という感じもありましたが、通ううちに体が楽になり、通院も楽しみになりました。表現するのが難しいのですが、治療後は目の前が明るくなるような感じです。スタッフの山野さんや家永さんに「のんびり気楽にね」と言われたのも心が救われました。そんな矢先、妊娠が分かりました。

 

今は先生の「体の調子が整えば・・・」という言葉の意味も少しは分かったように思います。先生、スタッフの皆様、ありがとうございました。

 

【MEMO】

鍼灸治療を行いながら「妊娠」に至る。「妊娠」後も体調管理のため鍼灸治療を継続後、男児出産。

 

Cさん/29歳/横浜市港南区

流産後の月経や基礎体温の乱れを抱えて受診。 治療に通うことが私の精神安定剤のようになっていて楽しみに通っています。

 

結婚3年目、そろそろ子供を作ろうかと思った矢先に妊娠しましたが、そのときはすぐに流産してしまいました。その後もなかなか基礎体温が戻らず、病院に通い服薬とタイミングを見てもらい妊娠を待っていました。流産して1年たってもなかなか妊娠にいたらず、インターネットの不妊のページをみては気持ちばかり焦っている、そんな状態のときに初めてパクスに出会いました。

 

 初診のときに、「流産のあとの回復が悪いのと、すごく疲れている」といわれました。自分では特に疲れているという意識はなかったのですが、服薬と妊娠のことばかり考えているストレスが心身ともに疲れさせていたのだと思います。

 

 治療に通っている間にも、生理がきてしまうと焦りの気持ちが出て、治療室で泣き出すこともよくありました。そのたびに、先生や山野さんが「大丈夫、ママがゆったり元気に気持ちでいれば必ず赤ちゃんはやってきてくれる」とやさしく暖かく励ましてくれて、治療室を出るときにはすっきりした気分で帰ることができました。

 

 治療をはじめて半年ほどたったころ、先生にも体がだいぶ良くなってきたよといわれ、赤ちゃんへの期待が膨らむもののなかなか赤ちゃんに出会うことができず、一度もきちんと不妊検査をしたことがなかったので、検査のために病院にいってみることにしました。

 

 一通りの検査が終わり異常なしという診断が出たころ妊娠が分かりました。今となってはきっと体が整ってきて赤ちゃんを迎える準備ができていたのかなぁと思います。先生と山野さんに妊娠の報告をしたときに、2人とも抱き合って喜んでくださったこと本当にうれしかったです。

 

 治療室では泣いてばかりですが、治療に通うことが私の精神安定剤のようになっていて、今でも楽しみに通っています。まだまだ心配なことだらけですが、これからも安産を目指して通いたいと思います。宜しくお願いします。

 

【MEMO】

西洋医学的治療(タイミング)を休止して、鍼灸治療を受ける。その後、西洋医学的治療(タイミング)を再開、「妊娠」に至る。「妊娠」後も体調管理のため鍼灸治療を継続後、男児出産。

 

Yさん/28歳/海老名市

冷え性や不妊治療による疲れや倦怠感、肩こりを楽にしたいと思いました。 生理の色がきれいな色になり、生理周期や基礎体温も安定。体も軽くなってきました。

 

最初にパクスに来たのは、冷え性を治したいと思ったことがきっかけです。タイミングとAIHを行い、心身ともに疲れていたのもあります。寝つきが悪かったり、肩こりがあったり、階段を昇るとすぐに息切れしたりと体調も崩していました。

 

最初に、寝つきや肩こりが良くなってきました。その後、生理の色がとてもどす黒くて汚かったのですが、鍼灸治療をしたら段々ときれいな色になり、生理周期も45日から32日ぐらいに安定し、基礎体温もきれいになってきました。体も軽くなってきました。

 

不妊の方は、出来ればラッキーというぐらいに考えていましたが、子どもはいいかなと思っているようでも生理前は少し期待したりもしました。

 

でも、人それぞれなんだろうな、子どもはいいや遊びにもいけないし、お菓子教室でも行こうかなと、子どものことをあまり考えなくなった時に妊娠が分かりました。分かったときは、「えー!!」とすごく驚いて2回も検査してしまいました(今も大事にとっています)。

 

振り返ってみると、妊娠にはこれがいい!というような情報に随分惑わされました。色々とやりましたが、豆乳ばかり飲んでいて体調を壊したこともあります。あまり情報に惑わされないで過ごしていた時が一番穏やかでした。

 

病院で治療していたのは何だったのかな、お金かかったなと思うこともあります。そして、鍼灸治療をしていてよかったなかとシミジミ思っています。妊娠後の今も通っています。先生、スタッフの皆さんありがとうございます。これからも宜しくお願いします。

 

【MEMO】

西洋医学治療(人工授精)を休止し、鍼灸治療を受けて「妊娠」に至る。「妊娠」後も体調管理のため鍼灸治療を継続後、男児出産。

 

Tさん/28歳/横浜市保土ヶ谷区

つもりに積もったストレス話も親身になって聞いて頂き、先生方の優しい言葉が私の方の力を抜いて、心も身体もリラックスして過ごせるようになりました。

 

子どもは、結婚したらすぐ出来るものだと思っていました。結婚して1年・・・欲しくてもできないと言う不安、気持ちばかり焦ってしまい、悩んだ結果、病院に通い検査を受けました。タイミングを見てもらっても、簡単に子どもができるわけでもありませんでした。

 

通院と服薬、気持ちの焦りでストレスが溜まり、行き詰っていた時に出会ったのが、ココの治療室でした。

 

お灸も鍼も初体験でドキドキでしたが、初診で先生が身体のことをしっかりと診ていただいたので、不安は、いつのまにかなくなっていました。鍼を打ってもらったところからジワジワと体が温まっていく感じがとても不思議で、気持ちもほんわかしてくようでした。

 

また、つもりに積もったストレス話しも、親身になって聞いていただき、先生方の優しいことばが、私の方の力を抜き、心も身体もリラックスして過ごせるようになりました。本当にありがとうございます。

 

主人とも楽しみながら、笑顔で過ごせるようになった時、我が家に天使が下りてきてくれました。今になって、先生方が言っていた事が良く分かります。「ゆったり、のんびり過ごしていれば、必ず来るから・・・」。

 

ココの治療室に来る前は、体調も悪く、笑顔も少なく、旦那ともよく喧嘩していました。そんなところには、誰も来たくないですよね・・・・赤ちゃんは、待っていてくれたんだな・・・と。これからも、ふんわり、ゆったり、笑顔で過ごしていきたいです。

 

【MEMO】

西洋医学的治療(タイミング)を休止して、鍼灸治療を受け、「妊娠」に至る。「妊娠」後も鍼灸治療を継続後、男児出産。

 

空き情報検索
不妊治療の症状別ケアについて
不妊治療が効いている感覚って?
副院長の妊活コラム
取材履歴
女性鍼灸マタニティー鍼灸
美容鍼・育毛鍼灸
ブログ パクス徒然日記