request approach

二人目不妊

「一人目は治療せずに妊娠したのだけれど……」という場合、俗に「二人目不妊」と言われているようです。

 

自然妊娠したけれど、なかなか次の子を妊娠せず、タイミング、人工授精、体外受精とステップアップしていく人も少なくありません。

横浜の不妊鍼灸:二人目不妊・子連れで通院

多くの二人目不妊の患者さんを診てきましたが、一人目の出産が難産だったり、悪露が続いたりなど産後の肥立ちが悪かったり、産後の育児ストレスなどが要因となり、体力や子宮卵巣機能が低下した方々が多いようです。

 

お産や産後の不調は、下半身の体力を奪い、次の妊娠にとても響きます。(もちろん他の要因もありますが)

 

それぞれ治療は違いますが、基本的には、体力を回復させることで、卵巣や子宮の機能を回復させていく治療が中心となってきます。

 

幼稚園や保育園、小学校に通っている子どもたちの世話をしながらの通院は「一人目不妊」の女性とはまた違った大変さがあります。

 

お子さんの用事などでなかなか時間が作れず、通院頻度がどうしても少なくなってしまう方が多いです。そういった場合はご自宅でのお灸ケアを取り入れながら、無理のない範囲で通って頂いています。

 

また、お子さん連れの方で来院を希望される方のためにプレイルームを設置しています。スタッフが子どもたちと常に一緒にいることはできないので、治療をしながら時折様子を見ていますので、基本的には一人で遊べる子のみが対象となります。

 

お子さんが騒いでしまうのでは……と、ご心配に思われる方は、「ママタイム」(月・火・金 12:00~14:00)のご利用もおすすめです。

 

「子どもが走り回ってもみんなで見守りながら、微笑ましく治療が受けられる時間帯」が「ママタイム」です。お子さんの保育(預け先)の心配なく、治療をお受け頂けます。お気軽にご利用ください。

 

こちらも、特別な保育はありません。付き添いのお子さんをスタッフ、ママたちで見守りながら治療を進めていきます。

 

お子様連れでの治療を希望される方は、ご予約の際にお知らせください。

空き情報検索
不妊治療の症状別ケアについて
不妊治療が効いている感覚って?
副院長の妊活コラム
取材履歴
女性鍼灸マタニティー鍼灸
美容鍼・育毛鍼灸
ブログ パクス徒然日記