request approach

妊娠を継続したい

妊娠を継続するためには、東洋医学的には、母体のエネルギーが十分に淀みなく子宮・卵巣内に満ちていることが大切だと考えます。

 

そのために、エネルギーの根幹である機能を高めたり、気の巡りが滞らないようにストレス緩和の治療をしたり、消化器系の機能を高めたりします。

 

当院では妊娠後もマタニティケアのための鍼灸治療に出産まで通われている方が殆どです。「不育症」と診断を受けられた方は、西洋医学の治療と併用しながら通われています。

横浜の不妊鍼灸:不育・習慣性流産
空き情報検索
不妊治療の症状別ケアについて
不妊治療が効いている感覚って?
副院長の妊活コラム
取材履歴
女性鍼灸マタニティー鍼灸
美容鍼・育毛鍼灸
ブログ パクス徒然日記