request approach

不妊治療の症例別ケア

横浜の不妊鍼灸治療の症例別ケア

東洋医学の視点からの不妊治療

東洋医学では、女性の場合の「不妊」は「不孕」(ふよう)と呼び、その原因については、代表的なもので数種類あります。

 

「腎虚」(じんきょ)、「気血両虚」(きけつりょうきょ)、「肝気欝結」(かんきうっけつ)、「痰湿」(たんしつ)、「血瘀」(けつお)、「陰虚血熱」(いんきょけつねつ)などの証(病名)が挙げられます。

 

聞きなれない言葉ばかりだと思いますが、簡単に説明すると、根本的なエネルギー不足、体自体や生殖器内の血や気の滞り、精神的なストレスなどが「不妊」の要因になっているということです。

 

それらの要因により、子宮や卵巣の働きが悪くなり、「不妊」という状態を招くと考えます。これらの不調の要因を取り除いていくのが東洋医学(鍼灸治療)における「不妊」治療です。

 

「基礎体温を安定させたい」「卵胞の質を上げたい」「ホルモン数値が安定してほしい」など、皆様が悩まれている症状は、上記のような東洋医学的な視点から治療を行っていきます。

空き情報検索
不妊治療の症状別ケアについて
不妊治療が効いている感覚って?
副院長の妊活コラム
取材履歴
女性鍼灸マタニティー鍼灸
美容鍼・育毛鍼灸
ブログ パクス徒然日記