request approach

冷え性を改善したい

「私、冷え性なんです」、多くの患者さまが口にする言葉です。「たくさんお灸をして体を温めてください」と言うも方もいらっしゃいました。

 

しかし、東洋医学からみると、お灸でポカポカとたくさん温めれば、すべての冷えが改善するとは言えません。冷えにも色々な原因があります。

横浜の不妊鍼灸:冷え性を改善したい

東洋医学の視点からの冷え

東洋医学的な視点から、「なぜ冷えているように感じるのか?」という病のメカ二ズムを考える必要があります。

 

簡単にまとめてお話しすると、冷え性の原因(なぜ冷えているか)は以下のような原因が考えられます。

 

①温める力がない「エネルギー不足タイプ」
②温める気が巡らない「エネルギー停滞タイプ」
③その両方をあわせもつ「混合タイプ」
……などが考えられます。

それぞれの冷えの原因によって治療法は異なります。

 

①「エネルギー不足タイプ」の場合は、体力をつけ、体を積極的に温める治療を行います。

 

②「エネルギー停滞タイプ」の場合は、気を巡らせたり、不要な熱や水分を取り除いたりする治療を行っていきます。

③「混合タイプ」の場合は、それぞれの体質でどちらに比重があるかを考え、適切な治療を施していきます。

 

不妊治療においては、冷えを感じる状態が、子宮や卵巣の中でも起こっているということに着目します。エネルギーが不足したり、巡りが悪かったり……という状況により、生殖機能が落ちているととらえてもよいでしょう。

 

当院ではそれぞれの体質に合った冷え性ケアを行っていきます。

空き情報検索
不妊治療の症状別ケアについて
不妊治療が効いている感覚って?
副院長の妊活コラム
取材履歴
女性鍼灸マタニティー鍼灸
美容鍼・育毛鍼灸
ブログ パクス徒然日記