request approach
 · 

不妊の鍼灸治療受診の目安

「どのぐらいの感覚で治療を受ければよいですか?」。患者さんから一番受ける質問です。当院では、一つの指標として、1~2週間の受診をおすすめしています。

 

今回はその指標と東洋医学的な治療アプローチをお伝えします。

 

上記の表のように生理周期や治療によって、目的とする治療アプローチは少し変わってきます。

 

【低温期(採卵・移植前)】~治療の目安は2回

卵胞の発育・子宮内膜の発育へのアプローチ。

心身のストレスケア。

 

【採卵後】~治療の目安は1回

採卵後痛改善へのアプローチ

心身のストレスケア

 

【高温期(採卵・移植後)】~治療の目安は2回。

着床・高温期維持にアプローチ。

 

以上、患者さん個々の体質を踏まえ、上記のようなアプローチを東洋医学的な考えで行っています。

 

 

※上記の治療目安はあくまでも、目安です。患者さんの体質改善、治療状況によって、治療回数の提案が異なる場合もあります。

 

※定期的な通院が難しい場合は、1カ月に一度の通院や採卵前後、移植前後など重要なポイントでの治療を行い、それ以外はご自宅でできるケア(お灸や食養生、アロマなど)を行ってもらう…など、皆様が通える範囲でできることを提案させて頂いています。

 

【参照ブログ】

移植後、AIH後、タイミング後のセルフケア

 

当院サイト、SNS投稿内容、ブログ、コラムには著作権が存在します。

 

Copyright© pax terrena All rights reserved.

空き情報検索
不妊治療の症状別ケアについて
不妊治療が効いている感覚って?
副院長の妊活コラム
取材履歴
女性鍼灸マタニティー鍼灸
美容鍼・育毛鍼灸
ブログ パクス徒然日記