request approach
 · 

妊活のための鍼灸院の探し方

「不妊に鍼灸は良いのでは」と思われている方は多くいらっしゃると思います。

 

妊活に鍼灸治療を取り入れる患者さんが増える中、不妊治療を取り入れている鍼灸院は、ここ数年で非常に増えてきました。

(当院は15年前以上から不妊の患者様とともに歩んでまいりました。あの時おなかにいた子が中学受験とか感慨深いです。長いお付き合いをさせて頂き、本当にありがたいことです)

 

では、どんな治療院を選べばよいのか……迷っていらっしゃる方に、「ひとりの女性鍼灸師目線」から「妊活のための鍼灸院」を選ぶ基準ををお伝えします。

 

長年書きたかったコラムではありますが、「挑戦的な内容」にもなってしまうので迷っていました。が、こう不妊鍼灸院が急増してきた現状もあり、同業者としてお伝え出来ることをお伝えしようと思っています。

 

【妊活の鍼灸院を選ぶ指標の考察~一女性鍼灸師の目線から~】

①個人の体験談が独り歩きしていないか。

鍼灸院を選ぶ中で、通院している「患者さんの声」を伝えるのは大切なことです。しかし、体験談は一症例であって、すべての方に有効であるというエビデンスにはなりません。

 

②妊娠率など「数字」が独り歩きしていないか。

正確なデーターに基づく数字を記している場合はよいのですが、来院する方の目に留まるような、数字だけを強調して出している場合、数字の根拠がわからないものは、注意が必要です。???というデータを記している治療院を時折みかけます。

 

③「取材記事」を強調しすぎていないか。

雑誌掲載、取材に関しては、鍼灸院側が掲載料を支払って誌面に掲載される場合も多々あります。

 

④ホームページ全体を読むこと。

鍼灸院を選ぶ際には、トップページだけでなく、しっかりとその鍼灸院のサイト(他のページも)やブログ、SNSを読み込んでみるのがよいかと思います。施術者、治療院の雰囲気、心構え、鍼灸に対する知識や技術などを伺い知ることができます。

 

⑤匿名の口コミサイトは、良くも悪くも話半分で。

こちらも参考になりますが、すべてではありません。その鍼灸院に通っている、顔の見える友人、知人からの紹介が一番安心できるかもしれません。

 

⑥スタッフの入れ替わりが激しくないか。歴史があるか。
どの事業でもそうですが、スタッフの入れ替わりが激しいところは、その職場環境に問題がある場合も少なくありません。また、長く続いている鍼灸院は、それだけ定期的に患者さんが来院してくださっているということです。もちろん、開業されたばかりの先生も素敵な方はいらっしゃいます。

 

⑥あとは「女の感」で!

セクシャリティー的な表現になってしまいますが、「この鍼灸院よさそう!」「胡散臭そう……」など、サイトやSNSから漂ってくる、その感じ、その直感は大切にしましょう。

 

⑦とりあえず行ってみる。

行ってみないと分からないこともあります。実際に施術を受けたり、先生と話して、自分に合っているかどうかを体感してみましょう。

 

他にも皆様それぞれ基準があると思います。一意見ですから、よかったら参考になさってください。

 

【補足】

不妊の特徴、難しいところは、痛みや不快感、倦怠感など、患者さん自身が感じる「自覚症状」がないことです。肩こりや腰痛、めまい、頭痛などのように、その病と関係する分かりやすい症状はありません。

 

ですから、鍼灸治療を受けても、「効いてるのかな?」「お腹の中、元気になったのかな?」と不安に感じられることもあるかと思います。鍼灸師の立場からの効果の指標は、こちらをご参照ください。

 

【追記】当院も至らないところが多々あるかもしれません。そのご指摘を真摯に受けて止めながら、皆様に寄り添い、患者様と共に治療院を作ってきました。

 

今後も、持てる鍼灸技術最大限に出し、寄り添う心を忘れずに、皆様と共に歩んでいきたいと思っています。これからも、女性のライフスタイルの中で必要とされる鍼灸院でありたいと思っています。

空き情報検索
不妊治療の症状別ケアについて
不妊治療が効いている感覚って?
副院長の妊活コラム
取材履歴
女性鍼灸マタニティー鍼灸
美容鍼・育毛鍼灸
ブログ パクス徒然日記