request approach
 · 

「芸能人」の不妊治療報道で思うこと

昨今、テレビや女性誌などのメディアで「芸能人」の不妊治療と妊娠が良く取り上げられています。高齢で妊娠、長い不妊治療の末妊娠、卵子提供の末妊娠……など様々な不妊治療の事情が紹介されているようです。

 

その経験から、ブログやSNSで積極的に発信したり、妊活関連のお仕事をされている
芸能人の方も少なくありませんよね。

 

実際に治療を受ける患者さんたちにとっては、とても勇気や希望が沸く内容だったり、治療をステップアップするきっかけになったりして、「自分も頑張ろう!」と励まされる方も少なくないようです。実際に当院でも、多くの患者さんたちが励まされているようです。

 

しかし、一方で「“芸能人”の妊娠報道に励まされる一方で苦しい気持ちにもなる」という声を聞くことがあります。

 

それは、
「・・・さん(芸能人)も・・・歳で妊娠したのだから」
「こんな治療を試してみたらどうだろう……」
「頑張れ」
「もうちょっと頑張って」
「応援してる」
「頑張らなくちゃ」
という自分自身や周囲からのプレッシャー。

 

このような患者さんたちの苦しい胸のうちを聞くと、こういった報道や発信も良かれ悪しかれだなぁと思います。

 

不妊治療に取り組んでいる人たちがそれぞれのペースで、そして、少しでも伸びやかに、治療に取り組めることを願う日々です。

 

もし、見て辛く苦しくなるものは、しばらく見ないでおきましょう。「離れる」「距離を置く」というのも、すてきな選択肢の一つです。自分健康を一番に考えてくださいね。

空き情報検索
不妊治療の症状別ケアについて
不妊治療が効いている感覚って?
副院長の妊活コラム
取材履歴
女性鍼灸マタニティー鍼灸
美容鍼・育毛鍼灸
ブログ パクス徒然日記