request approach
 · 

「楽になりました」の意味

「楽になりました」

 

不妊治療にいらっしゃる患者さんがよく言われる言葉です。

 

もちろん、他の症状の方からも同様のお言葉を頂きますが、不妊治療の場合は、また意味が違ってきます。

 

不妊治療をしていること、あまり広くカミングアウトすることでもなく、最低限度の方に伝えていらっしゃる方が多いです。余計な遠慮をされても逆に困るから……という方も。

 

だから、タイミング・AIH・体外受精などの不妊治療をする中で、不安なこと、上手くいかないことがあったとき、なかなか相談できたり、弱音を吐ける場がありません。

 

妊活仲間のコミュニティーであっても、治療の進み具合はそれぞれ。言えない時もあります。

 

夫婦間の「温度差」もありますよね。

 

病院では、不妊治療自体に重きが置かれ、そういった想いを吐露する場もなく、沸々されている方も少なくありません。

 

鍼灸治療は心と身体、どちらも大切。不妊治療だからと言って、生殖機能だけを診る医療ではありません。

 

そのどちらも大切で、心身の安定があるからこそ、卵巣や子宮に必要なエネルギーチャージが
できるのです。

 

そして、施術だけでなく、しっかりと患者さんの想いを聞き、不安な気持ちに寄り添っていくのも私たちができる治療です。

 

「楽になりました」という言葉は、体や心が鍼灸で楽になり、なかなか誰にも話せない想いを
口に出せてすっきりした、という意味でもあるのです。

 

言葉に出せば楽になることもあります。すると、心や身体にも良い影響が出てきます。鍼灸で心や体をほぐすケアをすると、不安や緊張がほぐれていきます。どちらの方面からのケアも大切なことです。

 

鍼やお灸で心も体も緩めてぽっかぽかになってください。

 

パクスはいつでも患者さんと共にあります。

空き情報検索
不妊治療の症状別ケアについて
不妊治療が効いている感覚って?
副院長の妊活コラム
取材履歴
女性鍼灸マタニティー鍼灸
美容鍼・育毛鍼灸
ブログ パクス徒然日記